インフォメーション infomation

  • POST[marimomen] 4

    まり木綿展

    __________________ 同時開催 まり木綿展 2/4.satー26.thu 12:00〜21:00 納屋橋 …

  • c91f2b5e6a91893192f7_460x460

    価格改定のお知らせ

    以前より生地、染料等材料費高騰のため、価格の維持に努めてまいりましたが、 まことに不本意ではございますがこの度手ぬぐい生 …

もっと見る>

ブログ blog

  • IMG_3842

    豊田市美術館告知☆

    今日は友人の展覧会の告知です♪ 愛知県の、大好きであり、憧れの美術館、豊田市美術館での展示です 豊田美で展示できるなんて …

  • IMG_1943

    染め日和400*

    括りの絞りの図案を引くことを【絵刷り】と呼びますが、絵刷り職人さんも少なくなった今、工場では絵刷りする機械を導入していま …

もっと見る>

理念 philosophy

今までにない自由な色使いと発想で、
可愛くて、きれいで、
見ているだけでパッと心が晴れるような絞りを作りたい。
先代が築きあげてきた形や色こそ違うものの、
「絞り」を残していきたい気持ちは変わりません。
絞りは染めるたびに発見があり、新しい柄との出会いにいつも楽しさを感じています。
1つ1つ丁寧に作っていても、全く同じものは作れません。

私たちの絞りの魅力を手から手へと直接伝えたい。
作り手自らが想いを伝え、お客様と向き合うことを大切にしています。
その対話の中で「どうあるべきか」がみえてくるからです。

伝統は「鑑賞」するのではなく、使い続けていくこと。
まり木綿は、日々の生活に寄り添ったものづくりをしていきます。

今までにない自由な色使いと発想で、 可愛くて、きれいで、 見ているだけでパッと心が晴れるような絞りを作りたい。 先代が築きあげてきた形や色こそ違うものの、「絞り」を残していきたい気持ちは変わりません。 絞りは染めるたびに発見があり、新しい柄との出会いにいつも楽しさを感じています。 1つ1つ丁寧に作っていても、全く同じものは作れません。

私たちの絞りの魅力を手から手へと直接伝えたい。 作り手自らが想いを伝え、お客様と向き合うことを大切にしています。 その対話の中で「どうあるべきか」がみえてくるからです。 伝統は「鑑賞」するのではなく、使い続けていくこと。 まり木綿は、日々の生活に寄り添ったものづくりをしていきます。

まり木綿の制作現場

プロフィール profile

伊藤 木綿

Ito Yuu

1988年名古屋生まれ てんびん座
名古屋芸術大学卒

健康に関する豆知識大好き
テレビよりラジオ
煮物料理が得意です

村口 実梨

Muraguchi Mari

1988年豊橋生まれ いて座
名古屋芸術大学卒

動物、祭り大好き
カフェ巡り、旅行好き
一眼レフをついにゲット!写真にハマり中